グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科案内 >  形成外科

形成外科


当科の特色

安全で信頼できる形成外科治療を
都市型・急性期型中小規模病院の特徴(専門性に特化した・アクセスが良いなど)を生かして
  • できるだけ丁寧に
  • できるだけスピーディーに  
  • できるだけ心身の負担を少なく
提供するよう心掛けています。

手術可能な疾患

交通事故、業務災害などによる外傷(特に顔面・手指)
手指挫滅骨折、顔面骨折(頬骨骨折,鼻骨骨折,顎骨骨折)、顔面軟部組織損傷
熱傷(やけど)、熱傷後の瘢痕(やけどの跡)
皮膚、組織の損傷(体表の外傷・感染)
切創(切り傷)、擦過傷(擦り傷)、ケロイド、瘢痕(傷あと)、瘢痕拘縮(傷のひきつれ)
皮膚とその下にできるデキモノ(体表面の良性腫瘍)
皮膚潰瘍、血管腫、粉瘤(ふんりゅう=アテローム=こぶ)、脂肪腫、瘢痕ケロイド、ガングリオン
生まれつきの異常(先天異常)
口唇裂、手足変形、副耳、耳瘻孔、耳介変形(耳の変形)、多指・合指症 等
皮膚潰瘍(褥瘡、難治性下腿性潰瘍)
変形
陥入爪(巻き爪)その他爪の異常、表在性下肢静脈瘤、でべそ、へその異常、陥没乳頭
再建術
腫瘍切除後の欠損組織の再建(乳がん、頭頚部がんなどの切除術後)
皮膚表面のトラブル
茶アザ、しわ、しみ(老人性色素斑、脂漏性角化症、肝斑、など)、そばかす(雀卵斑)、
青あざ(太田母斑、異所性蒙古斑)、茶あざ(扁平母斑)、赤あざ(単純性血管腫、いちご状血管腫)、
外傷性色素沈着症
その他
眼瞼の異常(眼瞼下垂症等)、ばね指、腋臭症(わきが)

医師紹介

部長 堀 茂 Shigeru Hori

卒業年 昭和61年卒(昭和大学大学院)
資格等 昭和大学形成外科兼任講師
日本形成外科学会専門医