グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当院について >  患者さまの権利と責務

患者さまの権利と責務


第三北品川病院は、患者さまと医療従事者との信頼関係を築き、良質な医療を提供いたします。
「患者さま中心のチーム医療」のために、私たちは患者さまの権利を守り、患者さまが主体的に医療に参加できるように支援してまいります。
そのうえで、患者さまにも守っていただく責務がございます。
より良い人間関係のもとに当院の理念である『真療』を提供できるよう、患者さまのご協力をお願いいたします。

患者さまの権利

1.良質かつ適切な医療を公正に受ける権利があります。
患者さまは誰でも社会的な地位、病気の種類、国籍、宗教などにより差別されることなく、適切な医学水準に基づいた安全かつ効果的な医療を受ける権利を持っています。

2.人格や価値観が尊重され、人としての尊厳が守られる権利があります。
いかなる状況でも、患者さまは一人の人間として尊厳が保たれ、プライバシーが守られる権利を持っています。

3.医師・病院を自由に選択し、他の医師の意見を求める権利があります。

4.十分な情報を得て、患者さま自身の医療、医学研究・教育への参加を、自らの意思で選択し決定する権利があります。

5.意識がない、判断能力を欠く、または未成年の場合には、代行者に決定をゆだねる権利があります。

6.患者さま自身の診療情報を知る権利があります。
患者さまは、自身の診療記録の開示を含め診療情報を知る権利がありますが、その情報が患者さま自身の生命・健康を著しく害する場合は除かれます。
また、知りたくない情報を知らされない権利もあります。

7.診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られる権利があります。

8.健康教育を受ける権利があります。

患者さまのへのお願い(責務)

医療には、患者さま自身の主体的・積極的なかかわりが不可欠です。
意欲的に治療や検査に取り組まれることをお願いいたします。
1.患者さま自身の健康に関する情報を、できる限り正確にお伝えください。

2.医療従事者の説明がよく理解できなかった場合には、納得できるまでお尋ねください。

3.医療の安全確保および院内感染防止のための取り組みに、ご協力ください。
  • 患者取り違えの防止のためフルネームや生年月日での呼称確認
  • 転倒・転落事故防止のため、やむを得ず行動制限を行うこと
  • 手洗い・マスク・ガウン等の装着 等

4.すべての患者さまが適切な医療を、快適な環境で受けられるために、以下のことを禁止しています。
  • 暴言、セクシャル・ハラスメント、暴力行為、脅迫、強要、窃盗
  • 危険物の持ち込み、飲酒、喫煙
  • 入院時の無断外出、無断外泊
  • その他の迷惑行為

5.その他、治療・療養上の指示および定められた規則をお守りください。
病院も社会の一部です。
他の患者さまにご迷惑がかかる場合や診療行為が妨げられる場合には、当院での診察を中止することがあります。