グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  部門紹介 >  看護部 >  看護部より

看護部より


第三北品川病院は、小規模ながら年間3,000台以上の救急車を受け入れている地域密着型の急性期病院です。

医療を取り巻く環境が刻々と多様に変化し続けている中、第三北品川病院は、救急医療だけでなく地域の方々が安心して通える、かかりつけ病院の役割も担っています。

ナースという職業は、とてもストレスフルではありますが、果たす役割は大きく、生涯を通してやりがいがある仕事です。

私の役割は、ナースたちが「看護」を気軽に語り合え、あきらめることなく安心して働き続けられる職場づくりをすることです。

財団の根本理念である「真療:親兄弟や家族の面倒をみるように患者さまに接し、診療を行う」を実践するべく、しなやかな心と豊かな感性を持ったナースをお待ちしています。