グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  部門紹介 >  看護部 >  看護部より

看護部より


公益財団法人河野臨牀医学研究所を母体とする4つの医療・介護施設は、家族のように患者さんに接する「真療」を常に心がけ、地域医療に貢献しています。第三北品川病院は、急性期を担う二次救急医療機関です。入院診療科は、整形外科、脳外科、内科、消化器科、形成外科疾患となります。看護部では、「地域の方々に、安心して利用していただけるように温かい看護を提供します」を理念に掲げ、患者さんの日常生活への復帰支援から看取りの看護をおこなっています。私たちの財団の医療領域は、「予防」から「急性期」、「リハビリ」、そして「介護老人保健施設」、「訪問看護」の各部門からなり、看護師はそのすべてに携わる機会があります。看護の専門性の向上を図り、看護職が働き続けられるよう環境を整え、看護職のライフステージに合わせた柔軟な働き方も取り入れています。
2020年度よりオンラインの看護技術教育ツールを取り入れ、各自が必要な時に利用でき、スキルアップができる体制も整えました。これからも、私たちは、地域の方々に温かい看護を提供するとともに、質の高い医療や看護、リハビリテーションを提供し、看護職がさまざまな場でいのち・暮らし・尊厳をまもり支える専門職としての役割を発揮していきたいと思います。
                                    第三北品川病院 看護部長 根本 由美子