グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  部門紹介 >  看護部

看護部



看護部の理念

地域の方々に、いつでも安心してご利用いただける
温かい看護を提供します


チームアプローチを推進し専門スタッフと協働でトータルケアを提供しています 。
患者様を中心をとして医師・看護師・介護職・理学療法士・作業療法・言語聴覚士 ソーシャルワーカー・栄養士・薬剤師がチームとなり、専門スタッフによるカンファレンスを重ねることで、患者様にあった質の高い看護が提供できるように努めています。

教育・研修

目的 看護部は『真療』の理念に則り、地域の方々にいつでも安心してご利用いただける「看護」を目指し、看護職の自己研鑽を促進するとともに、看護に必要な研修会を実施し、実践力向上を支援する。
【教育の基本方針と概要】
基礎教育はクリニカルラダーを基本とし、ジェネラリスト教育は経験・役割に応じた支援体制を構築する。看護部課長会と教育委員会が連携し、院内・院外研修を行い、一人ひとりの能力・個性を伸ばす育成をする。

1.クリニカルラダーを基本にした基礎教育

ステップ1
臨床経験1年目(プリセプター制度):[指導を受けながら看護を実践できる]
  • 専門職業人としての自覚を持ち、病院に慣れることが出来る。
  • 基本的な日常の看護が安全に行える。
  • 急変時の対応ができる。
  • 看護計画の仕組みを理解できる。
必須研修項目
看護倫理、基礎看護時術、急変時対応、看護記録・計画、医療安全・感染対策 等
ステップ2
臨床経験2~3年目:[自立した看護実践ができる]
  • 急変時の二次救命処置を理解し看護が実践できる。
  • 看護計画を立案できる。
  • チームの中の自分の役割がわかる。
必須研修項目
急変時の対応・ケーススタディ、フィジカルアセスメント 等
ステップ3
臨床経験3~5年目:[予測される問題を見出し意図的に関わることができる]
  • チームリーダーの役割を理解し業務ができる。
  • プリセプターの役割が分かり、指導をイメージできる。
必須研修項目
リーダー研修、プリセプター研修 等
ステップ4
臨床経験5年目以上: [病院の理念や方針を理解し、臨床で生かすことができる]
[担当部署で予測される問題を見出し、意図的に関わることができる]
必須研修項目
アサーショントレーニング、コーチング、問題解決技法、ファシリテータースキル、ストレスマネージメント、コミュニケーションスキル、委員会活動のための研修 等
※ ステップ4終了後は役割に応じた研修へ移行。キャリア開発、主任研修、教育担当者研修、管理者研修へ。

2.全員共通項目の研修(院内研修)

  • 医療安全対策(必須)
  • 感染防止対策(必須)
    スタンダードプリコーション、感染経路対策感染症とPPE 等
  • 接遇・マナー研修
  • エビデンスに基づいた基本的看護技術の確認
    看護診断、看護記録、褥瘡ケア、PEG管理医療機器の取り扱いと看護、オーラルケア与薬と医薬品管理 等
  • 各診療科医師による疾患・治療等のセミナー

3.院外研修

看護部全体で年間70件以上の研修参加。 勤務扱いで、費用は病院負担。
ほとんどが、個人の希望によるものです。

看護師寮

希望者には民間賃貸のアパート、マンションを借り上げて看護師寮として提供しています(家賃半額補助方式:上限40,000円)。通勤の負担がかからないメリットと共に、品川駅からも徒歩圏内の都心の居住空間で充実した1日を過ごすことができます。