グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  研究 >  主な業績

主な業績



誌上発表

Yamazaki T, Enosawa S, Tokiwa T. Effect of cryopreservation on the appearance and liver function of hepatocyte-like cells in cultures of cirrhotic liver of biliary atresia. In Vitro Cell Dev Biol Anim: in press (2018).

Tokiwa T, Wakai M, Yamazaki T, Enosawa S. Development, characterization and isolation of small hepatocyte-like cells from primary culture of cirrhotic liver of biliary atresia. Int J Stem Cell Res 3: 17-24 (2017).

Yamazaki T, Wakai M, Enosawa S, Tokiwa T. Analysis of soluble factors in conditioned media derived from primary cultures of cirrhotic liver of biliary atresia. In Vitro Cell Dev Biol Anim 53: 564-573 (2017).

Hsu HC, Enosawa S, Yamazaki T, Tohyama S, Fujita J, Fukuda K, Kobayashi E. Enhancing survival of human hepatocytes by neonatal thymectomy and partial hepatectomy in micro-miniature pigs. Transplant Proc 49: 153-158 (2017).

大石美和、加藤義治、柴正弘、国分将道、萩原健司.環軸関節亜脱臼および脊椎不安定症を示した成人発症スチル病の1例. 関東整災誌 48: 125-131 (2017).

山崎遥人、林久恵、河村守雄、佐々木綾菜、近藤恵理子、伊藤真也、若井建志.外科的下肢血行再建術後の透析患者の死亡/下肢切断リスクスコア:歩行能力を考慮した検討.脈管学 56: 85-91 (2016).

Yamazaki T, Enosawa S, Kasahara M, Fukuda A, Sakamoto S, Shigeta T, Nakazawa A, Tokiwa T. Isolation of hepatic progenitor cells from human liver with cirrhosis secondary to biliary atresia using EpCAM or Thy-1. Cell Medicine 3: 121-126 (2012).

Tokiwa T, Yamazaki T, Enosawa S. Side population cells from an immortalized human liver epithelial cell line exhibit stem-like cell properties. Cell Medicine 3: 127-135 (2012).

山崎泰助、絵野沢伸、若井真理子、常盤孝義. 肝疾患組織からの肝幹細胞の分離と分化に関する最近の研究.Organ Biology 19: 17-21 (2012).

Enosawa S, Yamazaki T, Kohsaka H, Tokiwa T. Repopulation of human origin hepatocyte progenitor-like cell line, THLE-5b, in the scid mouse liver under p21-mediated cell growth-arresting conditions. Cell Transplant 21: 447-452 (2012).

常盤孝義.成人肝上皮性細胞株の分化能.肝細胞研究会ホームページ (2011).

常盤孝義. エクスプラント培養法によるヒト組織からの細胞分離。Organ Biology 17:275-281 (2010).

Yamazaki T, Tokiwa T. Isofraxidin, a coumarin component from Acanthopanax senticosus, inhibits matrix metalloproteinase-7 expression and cell invasion of human hepatoma cells. Biol Pharm Bull 33:1716-1722 (2010).

Tokiwa T, Yamazaki T, Ono M, Enosawa S, Tsukiyama T. Cloning and characterization of liver progenitor cells from the scattered cell clusters in primary culture of porcine livers. Cell Transplant 17:179-186 (2008).

Yamazaki T, Enosawa S, Tsukiyama T, Tokiwa T. Presence of side-population cells in an immortalized nontumorigenic human liver epithelial cell line. In Vitro Cell Dev Biol Anim 44:6-9 (2008).

Yamazaki T, Shimosaka S, Sasaki H, Matsumura T, Tukiyama T, Tokiwa T. (+)-Syringaresinol-di-O-beta-D-glucoside, a phenolic compound from Acanthopanax senticosus Harms, suppresses proinflammatory mediators in SW982 human synovial sarcoma cells by inhibiting activating protein-1 and/or nuclear factor-kappaB activities. Toxicol In Vitro 21:1530-1537 (2007).

Tokiwa T, Yamazaki T, Xin W, Sugae N, Noguchi M, Enosawa S, Tsukiyama T. Differentiation potential of an immortalized non-tumorigenic human liver epithelial cell line as liver progenitor cells. Cell Biol Int 30:992-998 (2006).

山崎泰助、松村外志張、築山節、常盤孝義.エゾウコギ成分エレウテロサイドEの抗炎症作用の検討.Tiss Cult Res Commun 25:137-145 (2006).

常盤孝義、山崎泰助、桜井進.エゾウコギ成分エレウテロサイドEによる抗炎症作用とそのメカニズム.FFI Journal 211:576-582 (2006).

Yamazaki T, Tukiyama T, Tokiwa T. Effect of dexamethasone on binding activity of transcription factors nuclear factor-kappaB and activator protein-1 in SW982 human synovial sarcoma cells. In Vitro Cell Dev Biol Anim 41:80-82 (2005).

Tokiwa T, Harada K, Natsumura T, Tukiyama T. Oriental medicinal herb, Periploca sepium, extract inhibits growth and IL-6 production of human synovial fibroblast-like cells. Biol Pharm Bull 27:1691-1693 (2004).

山崎泰助、下坂茂広、桜井正之、松村外志張、築山節、常盤孝義.エゾウコギ成分イソフラキシジンの抗炎症作用の検討.J Electrophoresis 48:55-58 (2004).

Yamazaki T, Yokoyama T, Akatsu H, Tukiyama T, Tokiwa T. Phenotypic characterization of a human synovial sarcoma cell line, SW982, and its response to dexamethasone. In Vitro Cell Dev Biol Anim 39:337-339 (2003).

Tokiwa T, Yamazaki T, Kano J, Noguchi M, Enosawa S, kohno M. Colony-forming capacity of porcine liver epithelial cells in culture. In Vitro Cell Dev Biol Anim 38:440-442 (2002).

山崎泰助、常盤孝義、横山孝、河野稔彦、河野稔.培養ヒト滑膜線維芽細胞の増殖とサイトカイン産生におよぼす漢方生薬の影響.中部リウマチ 33:8-9 (2002).

常盤孝義、加野准子、野口雅之、絵野沢伸、鈴木盛一.肝上皮性細胞―その肝stem様細胞としての同定.Organ Biology 8:169-175 (2001).

Kano J, Noguchi M, Kodama M, Tokiwa T. The in vitro differentiating capacity of nonparenchymal epithelial cells derived from adult porcine livers. Am J Pathol 156:2033-2043 (2000).

Yamazaki T, Sakurai S, Matsuo N, Machida K, Kohno M. A simple and rapid method for purifying staphylococcal exfoliative toxin A. Microbiol Immunol 44:1067-1070 (2000).

Tokiwa T, Fujii N, Akaboshi M. The effect of L-ascorbic acid on the differentiation of bovine lens epithelial cells in culture. Viva Origino 28:77-86 (2000).

口頭発表

江原浩美、髙坂洋子、渡辺寛.胃瘻造設患者のトラブルケア.第5回慢性期リハビリテーション学会.2018年2月 横浜.

菅井千尋.適切な薬物治療の推進に向けた医師・薬剤師の協同.第27回日本医療薬学会年会.2017年11月 千葉.

萩原健司、加藤義治、大石美和、国分正道、横山孝、柴正弘、岡崎賢.O-arm下ナビゲーション手術によるanchor cage 使用の頚椎前方椎体固定術.第66回東日本整形災害外科学会.2017年9月 東京.

志方早苗、佐藤文枝.回復期リハビリテーション病棟における「できるADL」と「しているADL」の比較検討.第48回日本看護学会 ‐慢性期看護- 学術集会.2017年8月 神戸.

藤本勇太.右視床出血症例の姿勢制御に対する知覚探索と振動刺激の一考察.第36回東京都理学療法学術大会.2017年6月 東京.

常盤孝義、山﨑泰助、絵野沢伸. Isolation and characterization of small hepatocyte-like cells from primary culture of cirrhotic liver of biliary atresia. 第69回日本細胞生物学会大会.2017年6月 仙台.

山崎泰助、絵野沢伸、常盤孝義. Analysis of soluble factors in conditioned media derived from primary cultures of cirrhotic liver of biliary atresia - with special reference to hepatic differentiation -. 第69回日本細胞生物学会大会.2017年6月 仙台.

安藤浩巳.Phosphodiesterase 3 (PDE3) 選択的阻害剤の糖尿病合併アルブミン尿における腎保護効果の検証.第114回日本内科学会.2017年4月 東京.

外間巧 、井上隼、小林豊. 各病棟で生じたインシデントの比較からみたリスクマネージメント方法の検討.第4回慢性期リハビリテーション学会.2017年3月 横浜.

草野ひろみ、高坂洋子.医療療養型病棟における患者情報分析.第4回慢性期リハビリテーション学会.2017年3月 横浜.

北村聡美.当リハビリテーション科における就労妊婦の職場環境について.第12回東京都病院協会.2017年2月 東京.

小林豊、石濱裕規、安藤高朗、横山孝、荒川直子、池亀正敏、玉置薫、西田龍平、山﨑博光、山口武兼.都病協版回復期臨床指標項目の有用度・簡易度と妥当性の検証.第12回東京都病院協会.2017年2月 東京.

萩原健司、加藤義治、柴正弘、大石美和、國分将道、横山孝.多発性神経鞘腫および脳内髄膜腫にて頻回の手術を要した1例.関東整形災害外科学会月例会 第683回整形外科集団会東京地方会.2016年12月 東京.

山崎達哉、村上雅彦、福島元彦 他10名.単孔式腹腔鏡下人工肛門造設術の経験.第29回日本内視鏡外科学会総会.2016年12月 横浜.

有吉朋丈、村上雅彦、大塚耕司 他12名.内視鏡治療後腹腔鏡下食道亜全摘(VATS-E)症例における術後再発の検討.第29回日本内視鏡外科学会総会.2016年12月 横浜.

山崎達哉、村上雅彦、 福島元彦、 村井紀元、榎沢哲司、星野光典、吉澤太人、広本昌裕、藤井智徳、五藤哲、藤森聰、渡辺誠、大塚耕司、青木武士.回腸子宮内膜症により腸重積を発症した一例.第78回日本臨床外科学会.2016年11月 東京.

大石美和、加藤義治、柴正弘、国分将道、萩原健司、横山孝.多発性脊椎不安定症を起こし頻回の手術を要した成人発症スチル病の 1 例.関東整形災害外科学会 月例会 第 682 回整形外科集団会 東京地方会.2016年9月 東京.

國井 紀彦.「1p19q LOHを有する悪性神経膠腫の1H MRS上の特徴についてProton MR spectroscopy (1H MRS) of malignant gliomas with 1p19q chromosome LOH.日本脳神経外科学会 第75回学術総会.2016年9月 福岡.

菅井千尋.薬剤総合評価調整加算新設における減薬の実態.第26回日本医療薬学会年会.2016年9月 京都.

小倉 奈加、市川 均、築山 節.当クリニックにおける大腸がん検診に関する検討と精検率向上のための取り組み.第57回人間ドック学会学術大会.2016年7月 松本.

福田 悟.ビタミンD欠乏に関連した両手指関節痛に 東洋医学的治療が有効であった1症例.日本ペインクリニック学会第 50回学術大会. 2016年7月 横浜.

長谷川真理子.特定保健指導に於ける飲酒量の調査.第 57 回日本人間ドック学会学術大会.2016年7月 松本.

荒川わかな.「発症前独居であった回復期リハビリ脳卒中患者の転帰先、生活および就労状況について.第53回日本リハビリテーション医学会学術集会.2016年6月 京都.

江﨑 百花.健常若年女性に対する胸背部への徒手的圧迫刺激が自律神経活動、体表温度の変化に及ぼす影響.第 51 回日本理学療法学術大会.2016年5月 札幌.

安藤浩巳.400/LT 型カルシウム拮抗薬Azelnidipine の高血圧症合併糖尿における腎保護効果の検証.第 113 回日本内科学会総会・講演会. 2016年4月 東京.

酒谷有沙子、庄林 孝、定成知恵.感染させない!〜当病棟における主指衛生の改善を目指して〜.第18回日本医療マネジメント学会. 2016年4月 福岡.

山崎泰助、若井真理子、絵野沢伸、常盤孝義.Analysis of conditioned medium relating to hepatic differentiation of non-parenchymal cell fraction from cirrhotic liver of biliary atresia. 日本組織培養学会第88回大会. 2015年5月 広島.

安藤浩巳、田村裕男.シロスタゾール Cilostazol : PhosphodiesteraseⅢ (PDEⅢ) 選択的阻害薬は糖尿病合併アルブミン尿に有効である.第112回日本内科学会. 2015年4月 京都.

志方早苗、佐藤文枝.身体拘束の現状と病棟スタッフの意識調査 ~身体拘束を減らす為の取り組みに向けて~.平成26年度東京看護協会看護研究学会.2015年1月 東京.

穂積美佳、三原朋子、吉田美代子.集中治療室における睡眠障害に対するラベンダー精油の効果.第45回日本看護協会―急性期看護―学術集会.2014年10月 横浜.

山崎泰助、絵野沢伸、若井真理子、常盤孝義.胆道閉鎖症肝由来細胞の肝細胞分化能に関する凍結保存の影響.第41回日本臓器保存生物医学会.2014年11月 大阪.

鈴木幸奈、廣川修一.適切なオムツの選択と使用金額の変化に付いて.第64回日本病院学会.2014年7月 高松.

大石知代.申し送り廃止に向けての取り組み.第16回日本医療マネジメント学会.2014年6月 岡山.

常盤孝義、山崎泰助、若井真理子、笠原群生、絵野沢伸.Hepatocyte Growth Factor非存在下、胆道閉鎖症肝からの早期の肝細胞様細胞の出現.第21回肝細胞研究会.2014年6月 東京.

宮田裕希.受傷前歩行時に介助を要していた大腿骨近位部骨折術後患者の退院先に影響している因子の検討.第33回東京都理学療法学術大会.2014年7月 東京.

山崎泰助、若井真理子、絵野沢伸、常盤孝義.Hepatic differentiation of fibroblasts from human liver with cirrhosis secondary to biliary atresia. 日本組織培養学会第87回大会.2014年5月 東京.

安藤浩巳、水村恒雄、安藤輝彦、田村裕男.糖尿病合併高血圧症アルブミン尿におけるカルシウム拮抗薬Azelnidipine try out theory. 第111回日本内科学会総会・講演会.2014年4月 東京.

渡辺寛.脳卒中後の上肢痙縮に対するボツリヌス療法の効果判定と課題に付いて.第39回日本脳卒中学会総会.2014年3月 大阪.

渡辺寛.高齢者救急の現状と問題点について.第9回東京都病院学会.2014年2月 東京.

小林豊.医療型療養病床におけるリハビリテーション部門の役割.第9回東京都病院学会.2014年2月 東京.

鈴木裕子、西村美代子、渡部窓香.当院回復期リハビリテーション病棟の自宅復帰患者の推移.第9回東京都病院学会.2014年2月 東京.

櫻井進、岩本武夫.生体分子相互作用解析法(SPR法)を用いた黄色ブドウ球菌性表皮剥脱毒素と受容体ガングリオシドの結合解析.第96回日本細菌学会関東支部会.2013年10月 東京.

若井真理子、山崎泰助、絵野沢伸、常盤孝義.胆道閉鎖症肝由来線維芽様細胞の肝細胞様細胞への転換.第40回日本臓器保存生物医学会学術集会.2013年11月 東京.

志方早苗、佐久本知絵子、大久保佳苗、佐藤文枝.回復期リハビリテーション病棟における転倒転落に至る患者要因の解析.第44回日本看護学会―看護管理―学術集会.2013年10月 大阪.

絵野沢伸、山崎泰助、若井真理子、常盤孝義.胆道閉鎖症肝組織の培養にる間葉系細胞からの上皮細胞転換.第49回日本移植学会.2013年9月 京都.

山崎遥人.外科的下肢血行再建術後の透析患者の死亡・下肢切断リスクの検討.第58回日本透析医学会学術集会・総会.2013年6月 福岡.

渡辺寛.療養型病院におけるリハビリテーションサービスと問題点.第8回東京都病院学会.2013年2月 東京.

山崎泰助、若井真理子、絵野沢伸、常盤孝義.胆道閉鎖症肝由来epidermal cell adhesion molecule陽性細胞の肝細胞分化.第39回日本臓器保存生物医学会.2012年11月 福島.

志方早苗、栗田麻夕、海老原真理、渡辺美佐、大滝麻衣、佐藤文江.転倒転落に至る要因解析―より有効な転倒転落防止対策の検討―.第43回日本看護学会―老年看護―学術集会.2012年9月 広島.

長田千香、渡辺亜希子、矢沢圭子、上西花枝.よりよい口腔内環境を目指した口腔ケア方法の検討.第62回日本病院学会.2012年5月 福岡.

山崎泰助、笠原群生、福田晃成、阪本靖介、重田孝信、中澤温子、絵野沢伸、常盤孝義.胆道閉鎖症肝における肝プロジェニター様細胞の分離と培養の試み.第38回日本臓器保存生物医学会学術集会.2011年11月 仙台.

山崎泰助、笠原群生、福田晃成、阪本靖介、重田孝信、中澤温子、絵野沢伸、常盤孝義.
胆道閉鎖症肝における肝幹/プロジェニター細胞の分離と培養の試み.日本組織培養学会第84回大会.2011年5月 東京.

山崎泰助、笠原群生、福田晃成、阪本靖介、重田孝信、中澤温子、絵野沢伸、常盤孝義.胆道閉鎖症肝における肝幹/プロジェニター細胞の存在について.第37回日本臓器保存生物医学会学術集会.2010年11月 新潟.

桜井進、吉沢幸夫、保科定頼、町田勝彦.黄色ブドウ球菌性表皮剥脱毒素血清型A遺伝子を活性化する調節遺伝子.第55回日本ブドウ球菌研究会.2010年7月 東京.

吉沢幸夫、桜井進、保科定頼、町田勝彦.黄色ブドウ球菌性表皮剥脱毒素血清型Aの活性中心に関与するThrならびにHis72, Asp120, Ser195への変異の導入.第55回日本ブドウ球菌研究会.2010年7月 東京.

鈴木裕子.上肢前方挙上時における体幹筋の先行姿勢調節機構の検討.第45回日本理学療法学術大会.2010年5月 岐阜.

河医研研究年報

Yamazaki T, Wakai M, Enosawa S, Tokiwa T. Cryopreservation of non-parenchymal cells derived from cirrhotic liver of biliary atresia. Arch Kohno Clinic Med Res Inst 31: 1-6 (2015).

景山仁美、小北恭子、葉山祐子.患者様への適切な介護とは? ~不適切なケアに対する意識調査を通して~.河医研研究年報65: 13-16 (2015).

本間亘、江原浩美、草野ひろみ、高坂洋子.手指拘縮予防の工夫.河医研研究年報65: 17-19 (2015).

岩本祥緒、小田美沙子、上原里実、小柴ひとみ、北舘沙也加.北品川クリニックにおける経鼻内視鏡検査の実態調査.河医研研究年報65: 21-25 (2015).

堀井志満子、小坂あゆみ、花輪敦美、若岡綾香、山岸逸、渡部窓香、小川翔太、高橋彩、山下雄介、入交真由、浦部美花、酒井綾子、瀬戸悠太、小林豊、荒川わかな、渡辺寛.上肢痙縮の強い症例への長期的なボツリヌス療法の効果.河医研研究年報65: 27-29 (2015).

古川実佳、菅原あゆ美、片野浩、水村恒雄.D-ダイマー値と下肢静脈超音波検査でのDVT (Deep Vein Thrombosis) 有無の検討.河医研研究年報65: 31-33 (2015).

荒川わかな、渡辺寛.回復期脳卒中片麻痺患者に対する低頻度rTMS治療の有効性について.河医研研究年報65: 35-38 (2015).

水村恒雄、安藤浩巳、田村裕男、古川実佳、菅原あゆ美、片野浩、小池明子、西村貴子.第三北品川病院における禁煙外来治療 ―これまでの成果及び今後の課題について― .河医研研究年報65: 39-42 (2015).

三枝恵学、横山孝、山崎泰助、若井真理子、常盤孝義.ヒト間葉系幹細胞の軟骨細胞分化に及ぼすヒアルロン酸の効果.河医研研究年報65: 43-48 (2015).

山崎泰助、若井真理子、絵野沢伸、常盤孝義.胆道閉鎖症肝由来非実質細胞画分の肝細胞分化に関与する液性因子の分析.河医研研究年報65: 49-60 (2015).

Tokiwa T, Yamazaki T, Wakai M. Identification and characterization of liver progenitor cells offering therapeutic opportunities in human disease: in vitro studies. Arch Kohno Clinic Med Res Inst 30: 1-3 (2014).

高橋芙美子、松宮みどり、金澤妙子、柴田廣之、葉山祐子.手浴・足浴を考える ~介護の立場から~.河医研研究年報64: 11-13 (2014).

丹野沙織、前田恵美子、春木上枝、小北恭子、葉山祐子.不潔行為のある患者に対する排泄ケアのアプローチ.河医研研究年報64: 15-18 (2014).

中村裕美、高橋真弓、木崎知佳子、新盛祥子、加賀沼いずみ、吉田美代子.交代勤務看護師の疲労の実態と回復の検討.河医研研究年報64: 19-21 (2014).

山崎遥人、坂井啓人、三井春奈、宮田裕希.履物の違いが段差昇降動作に及ぼす影響.河医研研究年報64: 23-24 (2014).

丸川翔平、小林豊、渡辺寛.骨粗鬆症性椎体圧迫骨折症例に対する新たな取り組み ~回復期・療養病棟におけるコルセット解除下での運動療法~.河医研研究年報64: 25-27 (2014).

荒川わかな、渡辺寛.回復期リハビリ病棟入院患者の栄養と自宅復帰の関係について.河医研研究年報64: 29-32 (2014).

田村裕男、安藤浩巳、水村恒雄.2型糖尿病患者の薬物療法 ~DPP-4阻害薬の効果と限界~.河医研研究年報64: 33-35 (2014).

竹林友美、森田裕司、宗像裕太郎、大鶴任彦、加藤義治.大腿骨転子部骨折固定術後に生じた大腿骨頚部骨折の一例.河医研研究年報64: 37-40 (2014).

山崎泰助、若井真理子、絵野沢伸、常盤孝義.胆道閉鎖症肝由来非実質細胞の肝細胞分化能における凍結保存の影響.河医研研究年報64: 41-46 (2014).

Sakurai S, Iwamoto T. Comparison of interaction between staphylococcal exfoliative toxin A and several molecular species of gangliosides using surface plasmon resonance technique. Arch Kohno Clinic Med Res Inst 29: 1-6 (2013).

穂積美佳、三原朋子、黒須周子、吉田美代子.集中治療室における睡眠障害に対するラベンダー精油の効果.河医研研究年報63: 13-18 (2013).

北舘紗也加、小川朋子、家村悦子、水垣活也、築山節.2013年風疹大流行と北品川クリニックにおける対策.河医研研究年報63: 19-21 (2013).

志方早苗、佐久本知絵子、大久保佳苗、佐藤文枝.回復期リハビリテーション病棟における転倒転落に至る患者要因の解析.河医研研究年報63: 23-26 (2013).

石塚慎、岩崎明美、小谷芳和、水垣活也.検査時間を科学的に分析し、待ち時間を解消する方法の検討.河医研研究年報63: 27-29 (2013).

安藤浩巳、水村恒雄、安藤輝彦、田村裕男.糖尿病合併高血圧症アルブミン尿におけるカルシウム拮抗薬Azelnidipine try out theory. 河医研研究年報63: 31-33 (2013).

若井真理子、山崎泰助、絵野沢伸、渡辺寛、常盤孝義.胆道閉鎖症肝臓由来の線維芽細胞様細胞と肝細胞様細胞.河医研研究年報63: 35-44 (2013).