グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  整形外科センター >  足の外科センター

足の外科センター


足の外科センターは、「足の外科」と「ウォーキングバランスケア&スポーツコンディショニング」の二つの部門で構成されています。「足の外科」は足・足関節の病気やケガを専門的に診断し治療します。保存治療から手術まで幅広く対応しています。保存治療では症状が改善しない場合や保存治療が無効と思われる場合に手術を行っています。手術は足の外科専門医による豊富な経験を元に行っています。
「ウォーキングバランスケア」では歩行と身体全体のバランスを評価し足や靴のトラブルを中心に、「スポーツコンディショニング」はスポーツ傷害の治療、再発予防、パフォーマンスの向上まで、経験豊富な日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)・理学療法士(PT)と整形外科医が対応する完全予約制の専門外来です。

♦︎足の外科対象疾患
【慢性疾患】 【外傷】
・後脛骨筋腱機能不全(おとなの扁平足変形) ・足関節外側靱帯損傷(足関節捻挫)
・リウマチ足 ・足関節外果裂離骨折(こどもの足関節捻挫)
・糖尿病足 ・二分靱帯損傷(足の捻挫)
・麻痺足(下垂足など) ・リスフラン靱帯損傷(足の捻挫)
・足部遺残変形(内反足など) ・楔状骨間離開(足の捻挫)
・陳旧性足関節外側靱帯損傷
(足関節捻挫後遺症)
・距骨骨軟骨骨折
・陳旧性足関節外果裂離骨折
(足関節捻挫後遺症)
・足関節脱臼骨折
・変形性足関節症 ・脛骨天蓋骨折
・外反母趾 ・リスフラン関節脱臼骨折
・リスフラン関節症 ・舟状骨骨折
・ 強剛母趾(変形性母趾MTP関節症) ・距骨骨折
・距骨骨軟骨損傷
(距骨骨軟骨骨折,距骨離断性骨軟骨炎)
・アキレス腱断裂
・距骨壊死症 ・腓骨筋腱脱臼
・距骨下関節症 ・後脛骨筋腱脱臼
・アキレス腱付着部症 ・腱断裂 など
・アキレス腱症
・陳旧性アキレス腱断裂
・足底筋膜炎,足底腱膜症
(足底の痛み)
・足根管症候群
・足根骨癒合症
・有痛性外脛骨
・有痛性三角骨
・長母趾屈筋腱鞘滑膜炎
・開張足(足底前方の疼痛)
・母趾種子骨障害
・モートン病
・フライバーグ病 など
足の外科では足関節と足部の外傷(スポーツを含む)・慢性疾患を対象に治療します。足関節や足部の関節は股関節や膝関節のようにサイズ的には大きくありませんが、多数の関節からなり人間の複雑な動きに対応できるように機能しています。しかし、多くの構成要素があるため、それだけ多くの部位に障害が生じる可能性があります。日常生活の中で皆さんがよく耳にするのは外傷では足関節や足部の捻挫、慢性疾患では外反母趾ではないでしょうか。なお当院では巻き爪は形成外科で治療しております。
外反母趾の重症度

第2MTP関節脱臼を合併した超重度外反母趾

しかし、外反母趾以外に慢性疾患では、モートン病、強剛母趾、足関節捻挫後遺症、変形性足関節症、距骨骨軟骨損傷、特発性距骨壊死症、後腔骨筋健機能不全(後天性扁平足変形)、足根洞症候群、足根管症候群、足根骨癒合症、反復性排骨筋腱脱臼、誹骨神経麻痺(下垂足)、アキレス腱周囲炎・腱症、足底筋膜炎、リウマチ足、糖尿病足、内反足、尖足、内反足遺残変形など多くの疾患があります。足の外科ではそれらを的確に診断し、適切な治療を行います。

◆ウォーキングバランスケア
意外に知らない「身体バランスの歪みや崩れ」、それが足元から発生し、脚や腰、そして身体全体へと波及します。「足元は身体の土台」、その土台のバランスが悪くなると、身体には様々な悪影響が出ます!その原因として最も重要なのが、「足」そして「靴」なのです。足に原因があるものとして「過去にケガをしたことがある」ことや、靴に原因があるものとして「実は合っていない靴を履いている」ことが挙げられます。当外来では、足や靴のトラブルだけでなく、特に女性なら気になる姿勢やウォーキングスタイルなどについても対応いたします。

◆スポーツコンディショニング
学校体育や部活、一般の方々のレクリエーションスポーツや競技スポーツ、究極はオリンピック代表クラスのスポーツに携わる選手たちが、そのスポーツにより発症した下肢の様々なトラブルの治療として対応するだけでなく、その予防はもちろん、スポーツ選手が良い状態で試合に臨めるようにコンディショニングを整え、究極はスポーツパフォーマンスをもアップさせる(記録向上)ところまで、経験豊富な日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)・理学療法士(PT)が中心に整形外科専門医とともにオールマイティに対応します。
後脛骨筋腱機能不全による重度の扁平足変形

変形性足関節症(Stage Ⅳ)に対する鏡視下関節固定術


整形外科スペシャリスト

センター長
野口 昌彦 Masahiko Noguchi

院長
東京女子医科大学整形外科客員教授
  • 1981年:京都府立医科大学 卒業
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本リハビリテーション医学会リハ科専門医
  • 日本リハビリテーション医学会臨床認定医
  • 日本足の外科学会理事(第39回日本足の外科学会学術集会会長)
  • 日本靴医学会理事(第33回日本靴医学会学術集会会長)
  • 日本糖尿病リウマチ靴技術研究会理事

生駒 和也 Kazuya Ikoma

京都府立医科大学、医学(系)研究科(研究院)、准教授
  • 1996年:京都府立医科大学 卒業
  • 2002年:京都府立医科大学大学院 卒業
  • 日本整形外科学会指導医・専門医
  • 日本リウマチ学会指導医・専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本足の外科学会 理事
  • 日本靴医学会 評議員
  • 近畿足の外科症例検討会 世話人
  • 日本ダンス医科学研究会 世話人

丸木 秀行 Hideyuki Maruki

埼玉医科大学整形外科・脊椎外科講師
  • 2008年:東邦大学 卒業
  • 2016年:東京女子医科大学大学院 卒業
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本足の外科学会会員

冨永 絢子 Ayako Tominaga

東京女子医科大学整形外科助教
  • 2011年:東京女子医科大学 卒業
  • 2018年:東京女子医科大学大学院 卒業
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本足の外科学会会員

青山 祐次 Yuji Aoyama

東京女子医科大学整形外科シニアレジデント
  • 2015年:東邦大学 卒業
  • 日本整形外科学会専門医

佐々木 克則 Katsunori Sasaki

ウオーキング&スポーツコンディショニング外来担当
  • 理学療法士(PT)
  • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)
  • 日本靴医学会会員 評議員
  • 日本足の外科学会準会員
  • 日本理学療法士協会会員
  • 一般社団法人フット&ボディバランスアジャストメント機構代表理事