グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  外来 >  専門外来のご案内 >  ペインクリニック内科・漢方内科

ペインクリニック内科・漢方内科


ペインクリニック内科・漢方内科のご紹介

「ペインクリニック」という言葉を、あまり聞きなれない方もいると思いますが、読んで字のごとく、痛み(ペイン:Pain = 痛み)を専門的に治療する診療科のことです。当科では、痛みの原因は、何らかの障害によって起こるだけでなく、各個人の心身の状態も深く関わって生じるものと考えています。そのため患者さんの局所の痛み治療だけでなく身体状態全体から、痛みの原因を適確に判断し治療していきます。具体的な手法としては、西洋医学(神経ブロック、西洋薬)と東洋医学(漢方薬、鍼)を融合した統合医療を行います。患者さんの痛みの軽減をはかり、QOL(quality of life・生活の質)を高め、ポジティブな生活がおくれる一助になることを目指しています。

医師紹介

福田 悟 Satoru Fukuda

経歴 昭和50年 横浜市立大学医学部卒
昭和58年 Southern Illinois University Research Associate
昭和60年 山口大学医学部 講師
昭和63年 新潟大学医学部 助教授
平成11年 福井大学医学部麻酔・蘇生学講座 教授
平成18年 帝京大学医学部麻酔科学講座 教授
平成26年 昭和大学医学部麻酔学講座 客員教授
専門領域
疼痛一般、神経ブロック、東洋医学 (漢方・鍼治療)、術中麻酔管理
資格 日本麻酔科学会 麻酔指導医・専門医
日本ペインクリニック学会 専門医
日本東洋医学会漢方専門医